つみかさね

一球一球のつみかさね 一打一打のつみかさね 一歩一歩のつみかさの 一坐一坐のつみかさね 一作一作のつみかさね 一念一念のつみかさね

ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡

ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡
ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(ジェイムズ・ウェッブうちゅうぼうえんきょう、英語: James Webb Space Telescope、JWST)は、アメリカ航空宇宙局NASA)が中心となって開発を行っている赤外線観測用宇宙望遠鏡である。ハッブル宇宙望遠鏡の後継機であるが、計画は度々延期され、2021年12月25日に打ち上げられた。

JWSTの主な任務は、宇宙誕生ビッグバン(138億年前)の約2億年後以降に輝き始めたとされるファーストスター(種族III)を初観測することである。

今までの宇宙望遠鏡(ハッブル宇宙望遠鏡等)に比べて画像が鮮明になっていて、綺麗な宇宙が見られます。そのジェームズ・ウェッブ望遠鏡で撮影された画像をダウンロードすることが出来ます。壁紙などにいかがでしょう。宇宙誕生ビッグバン(138億年前)の時は散りばかりで何もなかったらしい。その散りなど2億年位掛かってが固まって星が生まれだした。そのときの光が136年かかってやってきている。距離が天文学的に長いので光の波長が長くなって可視光範囲から赤外線領域になっている。だから赤外線で撮影出来る望遠鏡でより遠くの光を捕らえる試みです。これからどんどんとビッグバンに近い星が発見されるでしょう。世界の学者が寝る間も惜しんで競い合っているところです。その成果である画像がみられる時代を喜ぶべきでしょうね。ロマンがある画像です。想像の世界が近づいて来た感じです。

ジェームズ・ウェッブ望遠鏡が「創造の柱」を撮影…赤外線でより鮮明に
https://www.businessinsider.jp/post-260821
望遠鏡HD壁紙無料ダウンロード | Wallpaperbetter
https://qr.paps.jp/UV3ce

太陽系デジタル壁紙

スピッツァー宇宙望遠鏡

ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡

ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡

ジェイムズ・ウェッブ望遠鏡