つみかさね

一球一球のつみかさね 一打一打のつみかさね 一歩一歩のつみかさの 一坐一坐のつみかさね 一作一作のつみかさね 一念一念のつみかさね

Chromebookと障害者

Chromebookと障害者

Chromebookという端末、基本的にアプリケーションとデータはクラウドに置いて動作する。したがって、Googleアカウントを使ってログインして使う。端末はどれでも良い。マイコンピュータでなくても、作業所、会社、自宅などでバラバラに使っても「Googleアカウント」でデータを共有することが出来る。Windowsパソコンのようにソフトウェアはインストールの必要がない。(インストール出来ない)
基本的にWebブラウザchrome)で全てが出来る。だからパソコンなんか使ったことがない人、初心者にはかなりハードルの低い端末だと思う。

画面を読み上げてくれるスクリーンリーダーが付いている(ON/OFFは設定で)ので視覚障害者に向いていると宣伝している。また聴覚障害者にはテキスト表示してくれる字幕機能もある。実際に手に入れたわけでないので、使って見ないと判らないがYouTubeなどの映像鑑賞、メール、検索エンジン、ホームページ巡回、文書作成、表計算等に使うのであればChromebook、これは便利な端末だと思う。

「タッチパネル」を聴覚障害者も使えると謳っているがどうしているのか。また文字の拡大、音声をモノラル化(ステレオだと聞きづらい人もいる)など用意されているようです。また購入費用もWindowsパソコンにはかなり安いので抵抗がすくないかな?

Windowsパソコンはメンテナンスとして1ヶ月に1回くらいは6時間程度電源をいれぱなしにしておかないといけない(アップデートに時間が必要)、またアプリケーションソフトのアップデートも必要。メンテナンスに時間と人がかかる。
複数台をメンテナンスしている障害者支援施設などではこのメンテナンスが大変、職員が時間をやりくりしながら利用者が帰った後でやっている。Chromebookは不要。これは大きなメリットか?

ちょっと興味が湧いてきたので機会を見つけて入手してみたい。

テキストを読み上げる
https://support.google.com/chromebook/answer/9032490?hl=ja
読み上げるテキストの言語や音声を変更する
https://support.google.com/chromebook/answer/11221616?hl=ja
Chrome VOXのオン/オフ
https://www.xenos.jp/~zen/blog2/index.php/2020/08/16/post-4324/

障がいのある方向けのユーザー補助機能 - Google Chromebooks
https://www.google.com/intl/ja_jp/chromebook/accessibility/7
Chromebookを購入しました | mina/視覚障害の方のサポートボランティア
https://ameblo.jp/minanono123456789/entry-12641047925.html
Chromebook のユーザー補助 | Google for Education
https://qr.paps.jp/XTW99