つみかさね

一球一球のつみかさね 一打一打のつみかさね 一歩一歩のつみかさの 一坐一坐のつみかさね 一作一作のつみかさね 一念一念のつみかさね

新型コロナの感染拡大で品薄状態のマスク 症状がなくても着けるべき?

新型コロナの感染拡大で品薄状態のマスク 症状がなくても着けるべき?
https://news.livedoor.com/article/detail/17912308/

今日、2ヶ月ぶりに通勤時間帯の電車で都内の病院に行った。普段よりバスも田園都市線も空いていた。最寄り駅から座ることが出来た。車内も立っている人はいるがら空き、特に半蔵門線に入ってからも随分空いていた。人と人が密着する状態がない。

それぞれ独立で立っていられるくらい距離。渋谷7:50位の電車。そしてその中に乗ってくる人は約8割~9割はマスクをしている。病院へ行くと言うことで必死に確保(1枚)した身にはどうして手に入れたのか?気になった。そして病院近くのコンビニを覗くとマスクを売っている。5枚入りパックを、直ぐにゲット。みんなが買うという訳でなく、それなり落ち着いていた。最も1人1パックだったみたい。お金を払って出てきてもまだ商品棚には並んでいた。少なくともパニックにはなっていなかった。

そして病院へ行くと若干名はマスク無しの人もいた。入院患者への面会者はマスク必須、以前から。特に熱センサーもないし、マスクしてないからと言って入場制限もしていない。普段、通りの様子にちょっと安心した。(ただ、高熱、せき等或る人は申し出てくださいとあった)診察を終えて、

帰りに病院の売店に行って「マスク」ありませんか?と聞いたところ、店員の方が両手を合わせて申し訳ありませんと。店員が悪いわけではないが、本当に申し訳そうにしてくれた。ちょっと気の毒だった。帰りの電車は10:00頃、車内はかなり空いていて、数えるほどしか人がいなかった。またマスクをしていない人の比率が格段に増えていた。混み具合で変えている感じがしました。現役で通勤している人はマスクを買いに走るのも大変、夜廻っても売っていない。どうしているのかな?でちょっと気になった記事。確かに通勤の人々は確実に減っている。また不要不急
の人も減っている。学校は不要不急でないし、教育を受ける権利を暴力的に奪っている。子供達も減っている。普段だと私立に通う子供達が満員電車に乗っていた。今はその姿はなかった。

因みに大人になってからマスクをしたことは今回が初めて。花粉症もないし、風邪を引くこともなかったので、マスクとは無縁で過ごしていました。