つみかさね

一球一球のつみかさね 一打一打のつみかさね 一歩一歩のつみかさの 一坐一坐のつみかさね 一作一作のつみかさね 一念一念のつみかさね

徒然草『丹波に出雲といふ所あり』

徒然草丹波に出雲といふ所あり』
https://manapedia.jp/text/1815

徒然草』(つれづれぐさ)は、吉田兼好兼好法師、兼好、卜部兼好)が書いたとされる随筆です。清少納言枕草子』、鴨長明方丈記』とならび日本三大随筆の一つと評価されている。

その中に丹波出雲大神宮の話が出ている。『丹波に出雲といふ所あり』今でも亀岡市出雲大神宮はあります。そこでの話です。大神宮の御前にある獅子と狛犬が、背中を向けて、後ろ向きに立っていた。これを見て感激した聖海上人が、不思議に思って理由を探っていくと、面白い結論が。これも一つの説話?かな。変わった話、異端の話等をありがたがって賞賛した。後の落ちが面白い。