つみかさね

一球一球のつみかさね 一打一打のつみかさね 一歩一歩のつみかさの 一坐一坐のつみかさね 一作一作のつみかさね 一念一念のつみかさね

BS世界のドキュメンタリー「RBG 最強の85才」

BS世界のドキュメンタリー「RBG 最強の85才」(前編)
2021年1月5日(火) 23時00分~23時46分 の放送内容

BS世界のドキュメンタリー「RBG 最強の85才」(後編)
2021年1月6日(水) 23時00分~23時46分 の放送内容

「ルース・ベイダー・ギンズバーグの生涯」のドキュメンタリーです。或る人に教えて貰って昨日前編を見ました。彼女は弁護士として、米連邦最高裁判事として、女性の地位向上に貢献した事で有名な人、初めて知った。彼女が大学に入った頃は性別による差別が当たり前の時代。知らなかったけれど1960年頃のアメリカでも州法で、はっきり男女差別の謳ってある法令が存在していた。勿論米連邦最高裁判事9名は白人の男ばかり、彼女はキング牧師マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の活動していた時期から弁護士として活動を始め、女性の地位向上のための訴訟を一つ一つ勝ち取っていった。
知らなかったけれどアメリカの人種差別問題は有名で、女性差別などはなく建国時代からレディーファーストで女性は大事にされてきたと思っていたが、実は凄い差別が存在していた。それも1970年代でも。今日は後編を見てみよう。

弁護士として、米連邦最高裁判事として、女性の地位向上に貢献したルース・ベイダー・ギンズバーグの生涯を描く。アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート作(前)
1993年から2020年までアメリカ連邦最高裁の判事を務めたルース・ベイダー・ギンズバーグ(RBG)。控えめながら、時には辛辣(しんらつ)。女性の社会的地位向上に大きく貢献し、若い世代が支持する「国民的アイコン」となった。RBGの生涯とアメリカ社会の変遷を描く2019年アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞候補作。 原題:RBG(アメリカ 2018年)

「RBG 最強の85才」(前編) - BS世界のドキュメンタリー - NHK
https://www.nhk.jp/p/wdoc/ts/88Z7X45XZY/episode/te/9YM5448Q3V/
「RBG 最強の85才」(後編) - BS世界のドキュメンタリー - NHK
https://www.nhk.jp/p/wdoc/ts/88Z7X45XZY/episode/te/GJ5V23K942/